分かって安心!自動車の車検をよく知ろう!

自動車の車検って何?

自動車やバイクに乗っている人には定期的にやってくる車検ですが、ここで簡単に車検を説明します。車検とは、正式には「自動車検査登録制度」といいます。法律で、道路を走る自動車は2年に1度(新車時は3年に1度)の車検を受けることが義務付けられています。義務なので回避することはできません。車検の期限を過ぎて運転していると、法律違反となり厳しい罰則を受けることになります。車検に合格するためには、自動車の整備の他に自賠責保険に加入しなければなりません。そのため車検を定期的に受けることで、自動車が整備不良のままであったり、万が一事故を起こしたときに被害者に補償ができないといった事態を防ぐことにもなります。

車検に掛かる費用って?

車検の費用は、大きく法定費用と整備費用の二つに分けられます。法定費用とは、重量税、自賠責保険料、印紙代など、基本的に必要な費用のことです。これは自動車の種類で決まってくるので、ガソリンスタンドや自動車整備工場、ディーラーのどこでも同じ金額となります。次に車検基本料ですが、これは点検整備費、検査費、代行手数料等のことをいいます。この整備費用が車検を依頼された業者の儲ける部分となるので、車検の安い、高いはこの整備費用の違いで発生します。

ユーザー車検って何?

車検は、業者に依頼して点検整備~車検までをやって貰うのが一般的ですなやり方ですが、実はユーザー自身でも車検は受けることができます。自賠責賞や納税証明書、定期点検整備記録簿などの必要書類を揃えて手続きをすれば、自分で車検を受けることができます。このメリットは、車検に必要な費用のひとつ「車検基本料」をかなり減らすことができます。ユーザー車検をすることで、業者に依頼する費用の半分くらいまで減らせる場合があります。一般的な点検・整備ができて車検費用を減らしたいと考えているなら、ユーザー車検はかなりお得ですよ。

車検では、車の様々な部分に対して点検を行うため、車の状態を把握するために大変役立つというメリットがあります。

Comments are closed.